プロフィール

こんにちは!Emmaと申します。

この度は、当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます!

drops-dropsでは「食生活より、水生活を」をテーマに、お水に関する役立つ情報を発信しています。

お水への向き合い方を変えることによって、人生が楽しくなり、より幸せになれる。

私はお水にそんな可能性を感じています。

 

日本には美味しいものがたくさんありますよね。

日本人は世界の様々な文化を取り入れるのも上手なので、一般の家庭でも和食・洋食・中華などなど、お魚を食べる日もあればハンバーグを食べる日もあり、ラーメンや餃子も日常的に食べられています。

私は二児のシングルマザーなのですが、娘たち2人は食べ物の好みもまるで正反対。

長女は和食派、二女は洋食派なので、作る方としては困るんですよね!

たまの外食も意見が割れるので、唯一好みの共通しているお寿司にしか行けない、という選択肢のなさです。笑
(たまには美味しいパスタとか食べたいよ~)

 

若い頃から食べ歩きが趣味の私としては、

『世の中には美味しいものがたくさんあるから、子どもたちにもいろんな食べ物と出会ってほしいな』

『いろいろ食べに連れて行ってあげたいな』

という思いが、昔からありました。

娘たちが小さい頃は、『この子たちが大きくなったら、美味しいレストランにあちこち連れてくぞ~!』と夢を描いていたのですが・・・。

しかし現実は、そんな食事ばかりしていたらお金がいくらあっても足りないし、そもそも健康でいられるのかな?とふと疑問に思ったりします。

好きなもの・美味しいものばかりを食べて体も健康でいられたら最高ですが、やっぱりある程度バランスを取っていかないと栄養が片寄ってしまいますよね。

「好きなものを食べたいけど、健康が気になる」

そんな欲張りな私が思いついたのが、

「食生活より、水生活を」

でした。

「好きなものを食べながら、水で健康になれちゃう?!」

こんな世界があったら素敵だと思いませんか??

 

「食生活より、水生活を」とは?

みなさんが「健康」を考えた時にパッと思いつくのは何でしょうか。

多くの人は「食」を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。

世の中には「食育」という言葉もありますよね。

 

「食育」とは、ただご飯を食べるだけでなく、

その食材がどうやって育てられたのか?

その食材がどうやってこの料理になったのか?

そういった背景を知って、食のありがたみを知り、なるべく体にいいものを食べよう!

そんな取り組みです。

 

子どもも大人も、今ここにあるこの食材がどこから来てどのように料理されて、その先どうなっていくのか・・・。

これを考えることによって、食べ物を大切にするという意識も芽生えますし、どれほど食べ物が体を作るのに影響するのかも意識することができます。

これって本当に大切なことですよね。

そしてそれを毎日の日常で実践できたら、とても理想的!

この野菜は、農家の誰々さんが作った有機野菜。

おやつは無添加食品!

 

だけど、いつもいつも有機野菜や無添加食品だけを揃えるのは大変だし、お金もかかる・・・!

 

何を隠そう私自身も、娘が生まれて間もない頃は『なるべく体にいいものを!』と生協で食材を揃えたり、実家でもちょっと口うるさくしてみたりと頑張っていました。

保育園ではおやつも手作りだったので安心でしたが、成長してお友達ができたりするとパーティーしたりお茶したり。

そんな時はやっぱり市販のおやつが登場します。

手軽だし美味しいし、子どもたちもそこで味を覚えてしまえばまた欲しくなりますよね。

 

そして小学校に入り学童に預けると、毎日のおやつはやはり市販のもの。

時には友達みんなでハンバーガーを食べることもあれば、「ステーキガスト行こう!」とお店のお肉をガッツリ食べたい時もある。

もうこれは、さすがに「食」にこだわっていられないなぁ・・・という状況になり。

子どもたちだけでなく、私自身もやっぱり時々ジャンクフードやスナック菓子が無性に食べたくなってしまう。

うーん・・・。

なるべく体にいいものを食べたいけど、たまには美味しいレストランにも行きたいし、ジャンクフードもスナック菓子も食べたいなぁ・・・。

そうやって考えると「食」にこだわるのが一番理想的だとわかってはいても、今の社会の中でギチギチに食生活を徹底していくのは、かなり困難なのではないでしょうか。

そんな“体にいいもの““おいしいもの“の狭間で悩んでいた私に答えをくれたのが「お水」でした。

 

お水との出会い

ある日、娘が学校から帰ってくると肌がカサカサになっていました。

足や腕だけでなく、顔もカサカサ。

一言でいうと『潤いがない』、そんな感じです。

そこで娘に「今日学校でなんかした?」と聞くと、「プール開き」という答えが。

ということは塩素が原因・・・?

 

でも病院に行くほどでもないし、行っても薬をもらうだけかなぁ・・・と。

もともと肌が弱くアレルギーの薬を飲んでいたので、なるべくなら薬を増やしたくない。

薬に頼るのではなく、なにか体の中からキレイになる方法はないかな?と一人思考を巡らせていました。

 

病院嫌いの私は、『なるべく薬を飲まずに治せればいいな』と思ったんですね。

(みなさんはちゃんと病院に行って診断してもらってくださいね。笑)

 

そこで私が思いついたのが、“お水にはお水を”でした。

塩素の入ったお水で肌がやられてしまったなら、体の中に入れるお水はキレイなものにしたらどうか。

そう思った私は浄水器を購入しました。

といってもそんな高価なものは買えないので、電気屋さんで¥2000くらいのボトル型のものを購入。

住んでいたマンションが古かったので、以前から水道水になんとなく不安を感じていたのもあり、試しに購入してみたのですが、これがまたまろやかで甘みのある、おいしい水に変化してビックリ!

子どもたちと「すご~い!おいしい!」と言いながら飲み、それとともに娘の肌も改善していきました

でも、これって本当にお水のおかげなのかな?

たまたまなんじゃ・・・?

この時はまだまだお水のチカラを疑っていた私ですが、『まぁたまたまでも治ったならいっか!』と特に気にもせず、日々を過ごしていました。

そんなある日、お水のチカラを再認識させられる出来事が起こります。

 

週末に実家に帰り、娘が水道水(浄水でないもの)を飲んだところ、また肌が荒れてしまったんです!

え!やっぱりお水のチカラだったの?!

自分の思いつきでやったことなのに、驚いてしまった私。

ということは娘の肌が回復したのは

『やっぱりお水のチカラだったんだ・・・!』

と、再認識しました。

それが、私がお水に魅力を感じた最初の出来事です。

 

ちなみに日本の水道水は安全ですし、一生飲んでも大丈夫です!

ですが生まれた時から肌の弱かった娘が、お水を変えた頃から肌トラブルが少なくなったのも事実。

そうしてお水について調べていくうちに、「水療法」というものがあるということを知ります。

 

フランスでは「水療法」が当たり前?

Les Grands Bains – Serre Chevalier, by serrechevalier, CC BY-ND

娘の肌が改善されたことで『お水にはチカラがある』ということを信じた私は、お水やミネラルウォーターについて勉強し始めました。

ミネラルウォーターって世界中で販売されていて、特に外国のものはボトルやラベルが可愛かったりしますよね。

そういうものを集めるだけでもちょっとワクワク♪

 

そして調べているうちに、「ミネラルウォーター・ガイドブック(早川光著)という本に出会い、そこでフランスでは水で病気や疾患を治癒しているということを知りました。

しかもその効果は医学的に証明されていて、社会保険や健康保険が適用される医療行為として認められているのだそうです!

 

普通の病院に行っても、医者からミネラルウォーターを勧められることも多いのだとか。

 例えば持病を持っている人は医者からミネラルウォーターを飲むように言われ赤ちゃんや幼児の便秘の時などは、医者から*コントレックスやエパーを少し飲むように勧められることがある、といった具合です。

*コントレックスやエパーはカルシウムとマグネシウムを豊富に含み、便秘解消にも良いと認知されている水です。


また健康意識の高いフランス人は、市販のミネラルウォーターの硬度や含有成分を確認し、自分の健康状態に合わせて飲み分ける人も多いと言います。

フランス全体で「水で健康を維持する」という意識が高いんですね!

 

フランスは食生活のわりに健康大国!?

フランスは世界の中でも平均寿命がトップクラスです。

2017年の調査では、フランスの平均寿命は82.52歳

同じく世界でトップクラスの日本の平均寿命84.1歳と比べてもさほど変わりません。

ですが、健康的な和食が基本の日本と違い、フランスの食事は高カロリーなものが多いイメージ。

それにも関わらず、ここまで平均寿命の差を縮めてくるのはすごいですよね!

(競争ではありませんが・・・笑)

 

ちなみにフランス人がどんな食生活をしているのかというと、朝はジャムとバター、チョコレートなどを塗ったトーストなど甘いものが定番。

昼はサンドイッチやカフェでお肉やお魚料理。

夜もお肉・お魚などのメイン料理と、ワイン・チーズ・バケットなど。

特にチーズやバター・クリームなどの乳製品は価格も安く種類も豊富なので、消費量はかなり多いそうです。

こうして見ていると、やはりパン・甘いもの・お肉・チーズ・バターなど高カロリーなものが多い印象ですね。

食事が高カロリーでも太っている人が少なく、健康大国のフランス。

 

そのフランスで浸透しているのが「テルマリズム」というものなんだそうです。

Les Grands Bains – Serre Chevalier, by serrechevalier, CC BY-ND

「テルマリズム」とは、温泉を使用した水療法のこと。

フランスには700もの水源がありますが、その一つ一つが成分の違うお水となっていて、病気を治癒する効果があるのだそうです。

そしてそれぞれの水は、どの病気に対して効果があるかが医学的・臨床的に調査・認定され、水療法は公式な医療機関(テルマリズムセンター)として認められています

 

驚くことに、フランスでは病気になると病院には行かず、この「テルマリズムセンター」に行くのが常識なんだそうです!

テルマリズムセンターでは、ジェットバス入浴・シャワーマッサージ(シャワー圧注)・マッサージ・プールでの運動法・泥療法(泥パックとラッピング)のような治療が行われており、その効果も実証されています。

やはりフランス人の健康を支えているものの一つとして、お水は大きな役割を果たしているようですね。

 

人間の体の60%が水でできている!

人間の体の半分以上を占める水。

多少の個人差はあるにせよ、人間の体の水分は一般的に

胎児→90%

赤ちゃん→80%

成人→60~65%

と言われています。

 

その水は私達の体の細胞の1つ1つに含まれ、筋肉や皮膚などを構成しています。

そうして体中を循環していく水。

60%ってかなり大きい数字ですよね!

 

例えば、400キロカロリーのショートケーキを60%カロリーカットしたら、160キロカロリーになります。

例えば、1万円のバッグがセールで60%OFFになっていたら、4000円になりますよね。

 

このように60%が与える影響は、とても大きいもの。

だとすると、体の60%にあたるお水を変えていったら、私たちの体は自ずと変わっていくのではないでしょうか。

せっかく体内の60%をお水が占めているのなら、この割合を使わない手はありません!笑

 

お水で人生を楽しく、幸せに!

なぜ私がここまでお水にこだわるのかというと、シンプルにお水が楽しいからです。

おいしくてボトルもおしゃれな「VOSS(ボス)」、とろけるような味わいの「温泉水99」、そして飲んで衝撃を受けた「VICHY CATALAN(ヴィッチーカタラン)」など、いろいろなお水に出会うだけでもワクワクします!

 

お水の成分が一つ一つ違うこと、それは病気を治療する力があること、そして実際に娘の肌も改善されたこと・・・。

お水の知識が少しづつ増えていき、知識が増えることよって誰かを健康にできた。

その経験が今の私を作っています。

 

そして今では、お水と共に生活するようになって、

「今日は疲れたからペリエ飲もう♪」

「なんかお通じ悪いな?コントレックス飲もう!」

という感じで、まるでお薬のようにシーンに合わせて飲むようになりました。

子どもと飲み比べをして「これはおいしい」「これはまずい」など意見を交わしながら、何気なくカルシウムを摂らせてみたり・・・。(しめしめ。笑)

 

もちろん、効能には個人差はあると思いますし、自分自身もすぐに効果を実感出来る時もあれば、なかなか効果を感じられない時もあります。

そういう時はお水だけでは回復しきれないくらいに疲れていたり、食生活が乱れすぎていたりと、全体的に見直す必要のある時なんだなと思い、休養を取ったり食生活を見直してみたりします。

好きなものも食べるし、体にいいものも食べる。

そのバランスが大事ですよね。

 

もちろん、お水を変えただけで健康の悩みすべてが改善されるというわけではありません。

暴飲暴食をしてしまえば、胃にも負担がかかるし、体重のコントロールもできなくなってしまいます。

甘いものばかり食べ続けていれば、将来糖尿病になるリスクも高くなります。

お肉が大好きで野菜をまったく摂らなかったら、がんになるリスクも高まることでしょう。

 

ですので、ある程度バランスの取れた食生活を意識するのもとても大事なこと。

お水を変えればそれだけですべてOK!というわけではありませんが、それでもお水には可能性があります。

今まであまり知られていなかったお水の栄養、これを知ってもらい、ほんの少しだけお水に興味をもってもらうことで、体は喜びます。

 

体が喜べば、心も嬉しくなる。

自分の体と心を大事にし、周りの人の体と心を大事にすることで、人生が豊かになれる。

 

ほんの少し、普段のお水を変えるだけで人生が豊かになれることを、私は伝えていきたいと思っています。

そして少しでも多くの人に幸せを感じてもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

とは言え、私もまだまだ勉強中の身。

これからもっとたくさん、お水について学んでいきます!

何か一つ学んだら、その都度このサイトやTwitter、Instagramで発信していきます。

 

よかったら、みなさんも私と一緒にお水生活を始めてみませんか?

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!