クリスタルガイザーのキャップ色の違いは何?理由は3つ!賢く選ぶ方法を紹介!

クリスタルガイザー,キャップ,青,白,違い,色

日本でもなじみの深いクリスタルガイザー。

実はキャップの色が青と白の2色あるって知ってましたか?

今回は、その色が違う理由をご紹介します!

また色の違いを知ることで、用途に応じて賢く選ぶこともできるようになっちゃいますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね^^

Aqua connoisseur:Emma
子どもの肌荒れがお水で改善!そこからお水のパワーに気づき、ハマる。今まで100種類以上のミネラルウォーターを飲み、独自に研究。当サイト「drops-drops」では、健康・美容にも役立つ、人生が楽しくなるお水の情報を発信しています。
命を支えるお水。みなさんの心と体がいつでも健康でありますように、愛を込めて。 

アメリカの定番ミネラルウォーター、クリスタルガイザー。まとめ買いに最適の48本入り。スッキリクリアなお水です!

スポンサーリンク

クリスタルガイザーのキャップの色が違う理由は2つ!

クリスタルガイザー,キャップ,青,白,違い,色

Source: https://www.instagram.com/crystalgeyser.jp/

クリスタルガイザーのキャップは青と白があります。

みなさんはどちらのイメージが強いでしょうか。

そのキャップの色には3つの意味がありました。

1.採水地の違い
2.正規輸入品か並行輸入品かの違い
3.エコボトルか普通のボトルかの違い

では一つずつ見ていきます。

 

1.採水地の違い

普段何気なく飲んでいるクリスタルガイザーですが、実は採水地が2つあります。

それがカリフォルニア州のシャスタとオランチャ。

クリスタルガイザーはこの2つの採水地でボトリングされているんですね。

キャップの色は、この採水地を表しています。

どちらが青で、どちらが白かというと、

クリスタルガイザー,キャップ,色,違い,理由

●青→シャスタ産
●白→オランチャ産

となっています。

上の写真のボトルを裏にしてみると、採水地が表示されていました。

クリスタルガイザー,キャップ,色,違い,理由

左:シャスタ産/右:オランチャ産

シャスタ産とオランチャ産は何が違うのか?といえば、硬度が違います。

シャスタ産は硬度38mg、オランチャ産は硬度67mg。

味はほとんど同じ印象で、どちらかといえば私はオランチャ産の方がおいしく感じましたが、人によってはシャスタ産が好きという方もいるので、好みによりけりですね。

詳しい感想はこちらの記事に書いてありますので、よかったら参考にしてみてください。

娘と私の正直な感想はこちら↓
●クリスタルガイザーはまずい?娘と私が実際に飲んでみた味の感想&口コミまとめ

スポンサーリンク

2.正規輸入品か並行輸入品かの違い

クリスタルガイザー,キャップ,色,違い,理由

クリスタルガイザーのキャップの色は、正規輸入品か並行輸入品かでも違います。

正規輸入品・並行輸入品ってなに?

■正規輸入品・・・正規の輸入代理店を通して、国内へ輸入されているもの。

審査基準が日本なので、日本人としては安心材料のひとつ。
クリスタルガイザーは大塚食品が正規輸入代理店です。

■並行輸入品・・・正規の輸入代理店を通さずに輸入されているもの。

正規品に比べてリーズナブル。
海外製品に抵抗がなければ、安価で購入できます。

クリスタルガイザーの青のキャップは正規輸入品白のキャップは並行輸入品とされています。

 

3.エコボトルか普通のボトルかの違い

1と2の情報をまとめると、

●青→シャスタ産、正規輸入品
●白→オランチャ産、並行輸入品

ということでしたが、なんとシャスタ産でも白いキャップのものがあるのだとか・・・!(ややこしい)

それがエコボトル。

正規品輸入品でシャスタ産であっても、エコボトルだと白いキャップになっているんです。

クリスタルガイザー,キャップ,色,違い,理由

よく見るとキャップ意外にもボトルの模様や形状が少し違いますね。

エコボトルは潰しやすくできているようです。

こちらは大塚食品が販売している正規輸入品エコボトルなので、中のお水は青いキャップのシャスタ産と同じです。

毎日たくさん飲むなら、ペットボトルの潰しやすさも大きなポイントとなってきますよね。

また正規輸入品ということで、日本の厳しい検査もくぐり抜けているので安心です。

バナジウム入りのシャスタ産。硬度38mgで飲みやすい!たっぷり48本セットです。

 

クリスタルガイザーを賢く選ぶ方法は?

クリスタルガイザーを賢く選ぶには、自分の希望に合ったものを決める必要があります。

(下の番号をクリックすると飛べます♪)

といったところです。

先程の説明と重なる部分はありますが、それぞれ説明していきますね。

 

1.採水地で選ぶ

クリスタルガイザーの採水地はシャスタ産(青キャップ)とオランチャ産(白キャップ)がありました。

それぞれのお水の違いはこちら。

  硬度 マグネシウム カルシウム カリウム ナトリウム その他
クリスタルガイザー
(シャスタ産)
38 5.4mg 6.4mg 1.8mg 11.3mg バナジウム:55μg
クリスタルガイザー
(オランチャ産)
67 2.7mg 22.4mg 2.6mg 19.1mg ヒ素:0.0030mg 

シャスタ産とオランチャ産の大きな違いは硬度です。

一般的に硬度が低い方がおいしいと言われていますが、硬度の低いシャスタ産にはバナジウムという成分が入っています。

バナジウムは体によい成分なのでおすすめではあるのですが、個人的には少し苦味を感じたりするので、もしかしたら同じように少し苦味を感じる方がいるかもしれません。

味についてはほとんど一緒と感じたので、バナジウムが入っているかいないかが一番大きなポイントになってくるかもしれませんね。

ケグリちゃん

「バナジウムが入っている方がいい!」という人は青いキャップを選べば間違いないよ!

シャスタ産

こちらはエコボトルなので白キャップですが、シャスタ産です。

バナジウム入りのシャスタ産。硬度38mgで飲みやすい!たっぷり48本セットです。

 

オランチャ産

「オランチャ産」のみを扱っている販売元が少なく、他は"採水地は選べない"という記載のものがほとんどでした。

こちらもそのような記載は見受けられましたが、成分がオランチャ産なので、こちらをご紹介します。

販売元の都合により変更になる場合もあるかもしれませんが、その点はご了承ください。

(ちなみに私が頼んだところ、オランチャ産が来ました!)

オランチャ産クリスタルガイザー。備蓄水にも便利なガロンサイズです。

 

2.検査基準で選ぶ

「日本の検査基準で通ったものがいい」という人は、正規品輸入品を選ぶことをオススメします。

もちろん海外でもミネラルウォーターの採水には厳しい基準が設けられているので、不純物が混入しているということはあまり考えられません。

むしろミネラルウォーターに関しては、海外の方が日本より厳しい基準で採水されてるので、私は海外のものでも抵抗なく飲めちゃいます^^

ケグリちゃん

気になる人は正規品輸入品の青いボトルを選ぶといいね!

正規輸入品のクリスタルガイザー。たっぷり48本セットです。

 

3.ボトル処理のしやすさで選ぶ

毎日飲む人はペットボトルの処理のしやすさも、大きなポイントになってきますよね。

エコボトル(販売名はエコポコボトルというようです。かわいいですね。笑)なら潰しやすく、処理のストレスも軽減されそうです。

エコボトルがいい人は、大塚食品の白いキャップのクリスタルガイザーを選んでくださいね!

容器がつぶしやすいエコボトル。48本入りでたっぷり飲めます♪

 

4.値段で選ぶ

値段で選ぶなら、やはり並行輸入品の方が多少安く購入できます。

少しリーズナブルな並行輸入品。楽天がお買い得のようです!

 

まとめ

 

クリスタルガイザーのキャップの色の違いについてご紹介しました。

特に意識せずに飲んでいたので、理由があることに驚きました!

キャップで採水地や正規品輸入品かを見分けられますが、中には正規品輸入品でも白いキャップのものもあるので、やはり一番わかりやすいのはラベルを見ることですね。

ぜひ賢く選んで、いいお買い物をしてみてください♪

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

みなさんの心と体がいつでも健康でありますように、愛を込めて。

Emma

-------------------------------------------------------
※販売元企業様
読者のみなさまにいいお水を紹介できるよう、また少しでも販売元企業様のお役に立てるよう、心を込めて記事を作成しておりますが、万が一記述内容に誤りがあったり、使用画像に問題がある場合は「お問い合わせ」よりご一報いただけますと幸いです。速やかに対応いたします。
今後ともよろしくお願いいたします^^
-------------------------------------------------------

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です