「そのお水1本に込められた、たくさんの想い」必要な想いは受け取り、必要ない想いは手放す!〚Emmaのたわいない話④〛

こんにちは、Emmaです。

いつも記事を読んでくださり、ありがとうございます^^

はじめましての方、はじめまして!

私は普段は"アクアコノサー"としてお水の情報をみなさまにお届けしているのですが、この「たわいない話」はEmmaがその時感じたことを赤裸々にお話ししてみようという、そんなコーナーです。

もしお暇でしたら、覗いてやってください♪

 

さて今回は、お水やプロダクト(商品)に込められた「想い」を想像しつつ、すべての想いを受け取らなくてもいいんだよ~というお話をしてみようと思います。

Emmaが苦しさを手放したら、新しい風が吹いてきた!という実体験もご紹介します。

手放しってホント大切・・・!

これを読んでくださるみなさまにとって、少しでも温かい時間となりますように。

スポンサーリンク

商品の始まりは「想い」

誰かが何かを思いつく時、そこには「想い」があると思うんです。

「自動で計算してくれる機械があればいいな」→計算機

「空を飛んで移動できたらいいな」→飛行機

と、あまりいい例題が思いつきませんでしたが笑、世の中のすべての物はそうやって地上に生まれてきました。

 

実は「そういうのがあったらいいな」「やってみようかな」と自分が思った時点で、それはすでに誰かが欲している物・事なんだそうです。

だから何かを思いついたら、やってみたらいいんです。

それは必ず誰かに必要とされていることだから。

そうして思いついたことを、どうにか形にできないかと努力し作り上げられたもの、それが「プロダクト(商品)」です。

お水1つをとっても、

「ここの温泉の水は、とても体に良くて、全国からリピーターが来ている。
 でも遠くから来るのは大変だし、自宅でも飲みたいという声も多い。
 なんとかこの温泉水を自宅で飲める方法はないだろうか・・・。」

と商品化されたミネラルウォーターがあります。

それが「MgNa(マグナ)1800」という、長崎県のラムネ温泉のお水。

そこにはラムネ温泉を利用した人の想い、その声を受けて商品化しようと飲料用に調整した人の想いなど、様々な想いが込められています。

(ちなみに「MgNa(マグナ)1800」の商品化の経緯は事実ですが、セリフはフィクションです。笑)

他にも「アムリターラ クリスタウォーター オージャス」という温泉水があります。

このお水は、封存水といって約1万年もの間、岩盤の間に閉じ込められていた奇跡のお水と言われています。

汚染を知らずに真空パックされていたこのお水には、美容・健康にもいい成分がたくさん入っていて、味もまろやかでおいしい!!

そこで飲料用としてピッタリなのではないかと、分析にかけてこの商品が出来上がりました。

そこにはきっと、

「なんだこのお水は!!!
 温泉水特有の臭いや癖もなく、まろやかでおいしすぎる!!!
 これは飲み水にピッタリなのではないか・・・?
 世の中に広めなくては・・・!」

という想いがあったと思うんですよね。

(↑経緯は事実ですが、セリフはフィクションです)

 

Emmaも商品化されているミネラルウォーターのすべてのエピソードを知っているわけではないですが、たぶんきっと、一つ一つの商品に「これを商品化しよう!」と思った人の想いはあるのだと思います。

もしかしたらそこには「これを商品化したら売れるぞ~!ヒッヒッヒー♡」みたいのもあるかもしれませんが・・・?

まあ、それはそれさ。笑

想いは一つではないから。

スポンサーリンク

1つの商品に込められる「想い」は1つではない

商品化のはじまりは「想い」。

そしてまたそこから1つの商品が完成されるまで、様々な人が関わります。

ミネラルウォーターでいえば、

●お水を採水する人
●ボトルを作る人
●お水をボトルに入れる人

●ラベルを貼る人
●キャップを締める人
●箱に詰める人
●配送する人

などなど、もちろん今は機械で行われる作業がほとんどですが、その機械を操作するのはやっぱり人。

どんなにAIが発達しても、機械が全部やってくれようとも、やっぱり人の手が加わらないと商品は完成しません。

 

もしかしたら工場には専門知識などなくて、ただただ「お金が必要」だとか「家族のために働かなくては」とか、そういう想いで働く人もいるでしょう。

 

でもそれも立派な「想い」。

 

たくさんの人がたくさんの想いを抱えて仕事をしているから、その商品1つにもたくさんの想いが込められているんだ。

 

Emmaはそう思います。

そう考えると、今目の前にあるPCも、マウスも、スタバのモカフラペチーノも、たくさんの人の想いでできているんだ・・・と改めて感じますね。

 

それが「目に見えないものを感じる」ということ。

 

忙しい日常を過ごしているとそんなこと全く忘れてしまって、なんの感謝もなく過ごしてしまいがちですが、時々そんなことに思いを馳せているのもいいんじゃないかな。

 

そう考えていたら、なんだか海外で一生懸命ボトルにラベルシールを貼っている従業員さんの姿が頭に浮かんできて、

「だから時々シールがズレてるのかな?」

と一人クスッと笑ってしまいました。笑

 

Emmaも工場でシール貼りをしたことがありますが、本当にたくさんのプロダクトを扱うので、思わずズレちゃうことあるんですよね。

「あ・・・」ってやり直そうと手を伸ばしたら流れていってしまい、もう他の人にピックアップされてる・・・みたいな^^;

そのスピードたるや。

ごめんなさい~と密かに思うのでした。笑

スポンサーリンク

目に見えないものを感じる

この写真を撮って、自分の顔の丸さにビックリしてダイエットを決意したEmmaです。笑

それは置いといて。

 

私たちが見えているものは、実際に存在するもののわずか5%と聞いたことありますか?

今私が見ているもの・・・テーブル、椅子、パン、コーヒー、カウンター、従業員さん、お客さんなどなどけっこうたくさん見えていますが、これで5%?!

確かに霊が見える人は、人混みも2倍くらいに見えたりするって言いますよね。

それは大変だ。笑

 

Emmaは聞いたり感じたりすることはできますが、霊とは周波数が合わないようであまり見えません。

ですがここ最近、そういう感じる能力が高まってきて、

「ここは居心地悪いな」
「あ、今誰か来たな」

みたいなのはよくあります。

 

だけど、すべてが霊というわけでもないんですよ。

生きている人の想い・愛・心配みたいな想いや、時には家族で営んでいるレストランで食事をしていて、旦那さんと奥さんのネガティブな想い(DV関係みたいの)を感じてしまったりもします。

 

でもたぶん、それって誰でも感じられるもの。

 

誰かを見ていて、わけもなく温かい気持ちになるとか。

顔は笑っているのに、なんだか違和感を感じるとか。

そういうことありませんか?

それです、それそれ。

 

それは紛れもなく、あなたが目に見えない「想い」を受け取っているということ。

想いって飛ばせるからね。

だから私たちが普段使っているものにも、私たちの想いが込もっています。

それが大好きで愛がたっぷり込もっていることもあれば、辛い時に持っていたものには辛い想いが込もっていたりもする。

 

髪の毛もそうだね。

辛い時に伸ばしていた部分には辛い気持ちが込もっているから、切るとスッキリするんですね。

 

普段意識はしていなくても、私たちはちゃんと「想い」を受け取っている。

ちゃんと目に見えないものを感じ取っているんです。

スポンサーリンク

必要な「想い」は受け取り、必要ない「想い」は感謝して手放す

お水一つ、商品一つにもたくさんの想いが込められている。

その想いを感じると、目に見えないものが見えてきます。

世の中は人の想いでできていると言っても過言ではありません。

そう、だからお水1本にもたくさんの想いが込められているから、まずは「ありがとう」と感謝をしたいと思います^人^

でも時には「必要のない想い」もありますよね。

例えば、嫉妬や恨みや意地悪といったようなネガティブな想い。

それは受け取らなくて大丈夫です!

 

Emmaはかつて、それを全部受け止めようとしていました。

けど、とてもじゃないけど受け止めきれなかった。

自分がどんどんダメな人間に思えていったし、そうすると自分がどんどんネガティブになって、どんどんネガティブなことを引き寄せていく・・・。

そうすると負のループに陥ってしまうんですよね。

昔、大きな会社に努めていた頃のこと。

その職場には苦手な上司がいて、ウマも合わないし、意地悪かのごとく仕事を大量に押し付けてきたり、本当に毎日ストレスだったんです。

「もうこれいつまで続くんだろう」と、半ば鬱になりそうになりながら働いていました。

そういうときって本当、それが永遠に続くかのように思えてしまいますよね。

本当に辛い。

 

そんな時に偶然「感謝をすると卒業できる」と耳にして、試しに上司に感謝することにしたんです。

毎日お風呂の中で、上司に感謝を言うことにしました。

 

ですがもちろん、大嫌いな上司に感謝など最初からできるわけもなく。

 

1日目は顔を引きつらせながら、

「ありがとうございましたぁー!!怒」

みたいなね。笑

 

2日目はちょっとマシになって、

「いろいろな経験をさせていただいて、ありがとうございましたー。(怒り少々)」

 

3日目、

「たくさんの経験をありがとうございました」

 

そしたら4日目、会社に行ったらなんと上司が、

「急に異動になりました!」

って。

 

わぁ・・・こんなことあるんだ・・・!!

ビックリ。

 

「感謝をすると卒業できる」は本当でした。

経験に感謝し、自分の中のネガティブな想いを手放した結果だと思います。

 

「いやいや、そんな偶然でしょー」

って思いますよね。笑

でももし、今何かで苦しんでいる人がいたら、試しにやってみてほしいです!

 

人によってどのくらいで変化があるかはマチマチだと思います。

でもきっと、自分が本当に心から「もうどうでもいいや~」くらいになれた時に変わります。

「もうどうでもいっか!」って思えたら手放せたという証拠。

 

周りは変えられないけど、自分は変えられる。

自分が変われば、周りが変わるんです。

 

不思議ー!

だから"変化は決意から"って言うんだなぁ。

もうその苦しみはあなたに必要ないから。

もう十分学んだのだから。

 

だから、もしあなたが誰かに嫉妬されたり、逆恨みされたり、意地悪されたりしてネガティブな感情をぶつけられたりしたら、

「この人は幸せではないんだな・・・。この人に幸せが訪れますように。経験をありがとうございました!」

と感謝して、手放してみてくださいね。

 

そうして空いた心のスペースには、新しい幸せが入ってきます。

そしたら今度は、その幸せな「想い」をめいっぱい受け取り、感じてください!!

 

みなさんがいつでも幸せでありますように、たくさんの愛を込めて。

Emma

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です