「学校も職場も、結局ご縁」最初から決められている〚Emmaのたわいない話⑥〛

emma,たわいない話,就職,就学

こんにちは、Emmaです。

いつも記事を読んでくださり、ありがとうございます^^

はじめましての方、はじめまして!

私は普段は"アクアコノサー"としてお水の情報をみなさまにお届けしているのですが、この「たわいない話」はEmmaがその時感じたことをゆる~り赤裸々にお話ししてみようという、そんなコーナーです。

気になったらのぞいてみてくださいね♪

emma,たわいない話,就職,就学

さて今回は、Emmaの近況報告も兼ねて、お仕事や学校についてスピリチュアルな視点からお話ししてみようと思います。

Emma、最近就職したんですよ~!

ま、就職と言っても週3の派遣ですけど。笑

お仕事が決まるまで、かなり落ちまくって落ち込みました。

今回はそこから今の最高なお仕事に巡り会えるまでどうやって這い上がったのか、そんなことをお話ししていきます。

もし今、受験や就活で不安になっている方がいたら、こんな考え方もあるんだ~って感じで読んでみてほしいです。

スピ視点から見ると、けっこう不安が和らいだりするんですよね^^

ガッツリスピなんで、苦手でなければぜひ♪

スポンサーリンク

なぜ今、就職?

emma,たわいない話,就職,就学

Emmaはお水が大好きで、ミネラルウォーターを研究して情報発信の活動をしています。

本当は、その活動だけで生活できるだけの収入を得ようと思ってたんですよね。

風の時代らしく、自分の好きなことをして収入を得ていく・・・。

めっちゃかっこよくないですか??笑

そんな生活に憧れて、2年前にパートをやめました。

ブログである程度収入を得る方法は知っていたので、パートがなくても生活できると思ったんです。

emma,たわいない話,就職,就学,ご縁

でもね、いざお仕事をやめたら不安でいっぱいになってしまいました。

私、この先ブログだけで稼げるの?

シングルマザーで子どももいて、生活もあるのに大丈夫かな・・・

頭の中はそのことでいっぱい。

でもやるしかない。

もう私は好きなことをして生きていくんだ。

副業で1億円稼いでいたという人も、会社をやめる時は不安だったらしい。

だから、不安になるのは普通なんだ。

でも生活が・・・。

 

そんな感じで精神は一気に不安定に。

これじゃ、ブログ書くどころじゃないですよね~笑。

 

ブログは何気に精神が安定していないと書けないです、私は。

そんな気持ちを隠して記事を書いていた時もありましたが、やっぱり精神の不安定さが文章に出ちゃうんですよね。

読んでいてまったくハッピーになれないというか。

後で読むと「うわ・・・(引)」てなります。笑

そんな記事でみなさんがハッピーな気持ちになれるわけがない。

emma,たわいない話,就職,就学,ご縁

じゃあ、パートやめなきゃよかったじゃん!て話なんですが、そこはEmmaの特徴"向こう見ず"が発動しているので、やめなきゃよかったという選択肢はなかったです。(なんなんだ)

「こうしたい!」と思ったら、即やってしまうタイプ。

やらないと落ち着かない。

頭の中がそれでいっぱい。

 

ちなみに離婚する時も、すると決めたら貯金もなしに家を出てしまいました^^;

もちろん大きな決断だったので、かなりかなり悩みましたし、家を出てからも「これでよかったのか」と何度も何度も考えましたよ。

でも戻る気はゼロ。笑

母親に「普通は準備してから出てくるもんだけどねぇ・・・」と言われました。

小さな決断から大きな決断まで、向こう見ず野郎な私です~。

emma,たわいない話,就職,就学,ご縁

そんなこんなで頑張ってみたけど、結局生活は苦しくなるばかり・・・。

えーん、風の時代に乗って好きなことして稼ぎたいよ~!

でも毎日先の不安で頭がいっぱいだし、気持ちが沈んで精神安定しないし、全然ブログ書けてないやないかいっ!!怒

 

ちなみになぜうまく行かなかったのか、それは自分の中にたくさんのブロックがあったからなんだと今となってはわかります。

このブロックがまたやっかいなの~。笑

ブロックの話は長~くなるので、またいつか書きますね^^

 

結局、2年間自分と向き合い続けてブロックもだいぶ外れたのですが、まだまだ課題は残っており・・・。

そんなわけで、生活&精神安定のためにまた働こうと思ったわけです、トホホ・・・。

スポンサーリンク

最初は日雇いで

emma,たわいない話,就職,就学

正直言うと、一旦社会から離れて風の時代らしく生きていこうとしていたところでまた社会に戻ることは、土の時代に戻ってしまうような気がして怖かったです。

もちろん土の時代が悪いとかそういうことではなく。

それぞれの時代にそれぞれの学びがあるし、いいところもあるから、社会が悪いと言っているわけではないです。

 

ただ、せっかく新しいステージを選択したのに、元のステージに戻ってしまうような気がして抵抗があったんですよね。

ちっぽけなプライドです。笑

 

しかし地球で生きていくためには、やはりお金は必要。

そして生活の不安が軽減されなければ、好きなことに打ち込めないと気づいたので、やっぱり働くしかない。

 

そう気持ちを切り替えて、せっかく働くなら楽しまなくちゃね!と、最初は日雇いで工場の仕事を探しました。

これなら好きな時に働けるし、ブログを書く時間も確保できるぞ~

工場は初めてだったので、いろいろ行ってみました。

うん、人も環境も本当にいろいろですね。笑

働いている人は様々ですが、その工場その工場で、製品と向き合ってプライドを持って働いている社員さんはどこにでもいらっしゃって、本当にすごいなと思いました。

 

そのうちに自分に合う場所も見つけられて、そこに何ヶ月か通いました。

施設もキレイで、社員さんも働く人もみな親切で、時給もいい。

自分のやりたいことと生活を両立するには、これが最善なのかもしれないな。

 

体はけっこうしんどかったけど、働く中で気づくこともたくさんあって、比較的満足していました。

しかしある日、転機は訪れます。

emma,たわいない話,就職,就学,ご縁

ある日、作業着に着替えていると、おばちゃんたちがわいわい話していました。

みんな明るくて、作業中以外は笑って話しています。

その中の1人が言いました。

 

「あ~あ、私いつまでここで働くんだろう~」

そしたらそれを聞いた人が、

「死ぬまでここで働くんだよ!あはは~!」

と。

 

それを聞いた私は、

え、やだ!!

ととっさに思ってしまいました。

(ホントごめんなさい~!!笑)

 

しかし、これが私の本音だったんです。

ブログ書けて、好きな時に入れて、場所はちょっと遠いけどまあいいじゃん~♪と思っていたはずなんですが、心の奥底では満足していなかった。

このお仕事に満足できていなかったんですね。

 

決して工場を見下しているわけではありません。

工場で働く人の中にも「この人、光だ~♡」と思う人もいましたし、社員さんの知識や管理体制もすごくて、スーパーに並んでいる製品がこんなたくさんの人たちのおかげで成り立っているんだと知り、とても感謝しました。

 

でもずっとずっとこの仕事がしたいかと言ったら、私は違った。

何より工場は長時間労働だったから、けっこう体がしんどかったんですね。

みなさん、本当にびっくりするほど体力あって、すごい。

実際Emmaは、休みの日は疲れてしまってブログも書けていませんでした。

 

黙々とする単純作業も好きだけど、暗い気持ちになってしまう日もあり・・・。

やっぱりどうせやるなら、事務とか接客とか、笑ってする仕事やもう少し体に負担のかからない仕事がしたいなと、その時改めて思いました。

スポンサーリンク

よし、仕事を探すぞ!!基準は「ワクワク感」

emma,たわいない話,就職,就学

ここからEmmaの就職活動が始まりました。

その時基準にしたこと、それは、

「ワクワクするかしないか」

それだけです!

普通はここで時給は~とか福利厚生は~とかって考えますよね。

でもそう考えると、目的がお金だけになってしまいそうで、それなら今の工場でいいじゃん。となるんです。

 

だから試しに、風の時代らしく「ワクワク」だけで選択してみようと。

 

そこで私はワクワク感を大事に、仕事内容・勤務地を見て「あ、楽しそう!!」と思った求人にいくつか応募しました。

ですが日々頑張ってはいたものの、思ったようなお返事はいただけず・・・。

なかなかトントンとはいかないもんですね^^;

emma,たわいない話,就職,就学しかし、また転機が訪れます。

「あれ?うまくいかないな~」と思いながら再び求人を見ていると、楽しそうな求人を発見。

ですがそれに応募するには、どうやら登録した派遣会社を介して、また別の派遣会社に登録しなければいけないらしい。

なんだか面倒なシステムだ・・・と思いながら、念の為その派遣会社のHPを見たり、口コミをチェックしてみました。

色々調べて多少の不安は感じましたが、まあ、口コミは高評価・低評価両方あるのが常ですから参考程度にね。

 

でもね、なんだかね、この時、

導かれている気がする

と感じたんですよね・・・。

 

Emmaはその直感を信じてみることに。

「登録してみて、合わなかったら削除してもらお~」と軽い気持ちで登録しました。

ですがメールのやり取りは丁寧ですし、レスポンスも早くて、求人内容も私好みのものが多かったので、やっぱり導かれたと思いました。

やったぁ!これできっとうまくいくぞ~!

宇宙さん、ありがとうー♪♪♪

しかし、ここからが本当の試練の始まりでした・・・。

スポンサーリンク

全然受からない!

emma,たわいない話,就職,就学

よい派遣会社と巡り会えた私。

「よし、これでトントンとお仕事見つかるぞ♪」

と期待に胸が膨らみました。

勢いつけて10社ほどエントリー!

しかしスマホはしーん・・・。

何度も着信履歴やメールを確認しますが、なんにも来てない。

おかしいなぁ・・・。私導かれたはずじゃ・・・?笑

気を取り直してまたエントリー。

1次審査に受かった!

でも2次審査までこぎつけない。

そういう状況がしばらく続き、何件くらい応募したでしょうか。

たぶん20件近く?笑

よくがんばりましたよ^^;

 

期待しては落ち込み、期待しては落ち込みを繰り返す。

だんだんと精神も疲れて来ますよね。

果てには自分には価値がないと思い始める始末・・・。

 

ん?なんか前にも似たような状況があったような・・・?

しかも物事には必ず隠された意味があるんだよね?

 

なんだろう、私が受からない原因は・・・?

スポンサーリンク

私が向き合った3つのこと

emma,たわいない話,就職,就学

以前より自分を好きになれるようになってきていた私でしたが、やはり落ち続けると落ち込みます。

自分は無力だ。

もう自分は誰にもどこにも必要とされていない気がする・・・。

そんな感覚に苛まれて、じわじわ泣けてきます。

 

でも結局、物事がうまくいかないのは、自分の中に不安があったりブロックがあるため。

その不安やブロックがそれに見合った出来事を引き寄せてしまうんですよね。

だから私は、自分の中の何が"受からない"という現実を引き寄せているのか、原因を探ろうと思いました。

1.傷ついた過去の自分を癒やすemma,たわいない話,就職,就学

なかなか決まらない就職。

落ち込んでいた時、ふと、

「ん?なんか前にも似たような状況があったような・・・?」

と思いました。

 

それは大学受験。

Emmaは行きたかった大学に落ちて、一浪して別の大学に行っています。

それは、それまでの人生で一番落ち込んだ出来事でした。

それこそ「自分には生きてる価値がない」と思うほど。

 

ね?状況がそっくりでしょ?笑

 

浪人中、あんまり勉強してなかったから、当然といえば当然なんですけどね^^;

ですがやっぱり、実際に落ちると落ち込みますよね。

そうかそうか。

この時の傷が癒えてなくて、ブロックになってるんだな。。

大学に落ちてしまった自分を、自分自身が許せてなかったんですね。

実際は家族も周りの人も、私が大学に落ちたことなんてとっくに忘れてなんとも思ってないんだけど、自分だけがずっとそれを引きずっていた。

そう気づいた私は、大学に落ちた自分を許してあげることにしました。

目をつぶって、傷ついている自分を探してみる。

お風呂で泣いている浪人生の私が見えました。

そこに今の自分がそっと行きます。(想像の中で、ですよ^^)

大丈夫。
違う大学で、楽しい友達にも出会えたし、オシャレもして、青春もした。
すごく楽しい経験だったよね!
受験に落ちたことはつらかったけど、何より「失敗」と思える経験をさせてもらった。
私の人生、なにも間違ってなかったんだよ。

そして、

「大丈夫だよ。愛してるよ。私は私を許します。」

心を込めてそう何度も言いながら、自分に取り込むようなイメージでハグをしてあげました。

 

目を開けると、少しスッキリ。

さあ、1つブロック外れたぞ~!!

2.自分の本当の気持ちを知るemma,たわいない話,就職,就学

これでうまくいくかな??ワクワク。

気を取り直してまたエントリー。

お、一次審査合格?

しかも勤務地は通ってた大学の近く!

懐かし~!楽しみ~≧∀≦♪

しかもしかも勤務について確認の電話が・・!

これはもう合格でしょ!!

 

しかしまた急にしーん・・・。

やはり1次審査で落ちてしまいました。

 

え、なぜなぜ?!?!

 

けっこう大きい会社で仕事も美容系だからかっこいいと盛り上がってたのに・・・。

私の定職を願っていた家族にも喜んでもらえると思ったのに・・・。

 

ん?家族に喜んでもらえる・・・?

家族のために就職しようとしていたのか?

大学の時と同じだな・・・。

 

またもや思い出しました。

大学受験の時、私は自分が行きたいというよりも家族に喜んでほしくて志望校を決めていたことを。

私はなんで、そこで働きたいと思ったんだろう?

私の本当の望みはなんだ?

落ちすぎて忘れていたけど、そうだ。

私の基準は「ワクワクする」だったはず。

私はトカイナカ(都会と田舎の間)に住んでて、都会に出ると無条件にワクワクする。

こっちにはないオシャレな風景がたくさんあるし、

オシャレなミネラルウォーターもたくさんある。

そうだ!

私、都会が好きなんだ!!

ただそれだけの理由です。笑

それでいいんです。

ワクワクする、それが一番大事。

 

もちろん、家族が喜んでくれたら私も嬉しいけど、

目的を「家族のため」から「自分のワクワクのため」に変えよう。

 

さあ、また一つ気づけたよ。

また頑張りますか!

3.環境を変えると決意するemma,たわいない話,就職,就学

そんな感じで落ち込む→上がるを日々繰り返しながら、引き続き就活を頑張っていた私。

しかし、まだまだ仕事が決まる兆しが見当たらない。

何度も何度もチャレンジするけど、一向に話が進まなくて、気分が沈む日々が続きました。

 

そのうちに、

もう私は今のスタイルが一番合ってるってことなのかな

と諦めモードに。

 

もうダメだ・・・。

そう思った私は、もうこのまま工場にお世話になろうと自分に言い聞かせます。

好きな時にシフトに入れて、ブログも書けて、人もみんないい人で、作業も運動だと思えばいいエクササイズじゃん!

そう思い、もういいやと思っていると、派遣会社の方から連絡があり、お仕事を紹介してくださる・・・。

やっぱり、都会で働きたいな・・・

私の自分軸は竹か?!というほどのしなしなゆらゆら具合です。笑

 

実はこれ、宇宙のお試し。

そうです。

これは「一体、どっちにするの?!ちゃんと決めなよ」という宇宙からの問いかけ。

Emmaは決意したように見せかけて、実はまだ、

「工場でもいいかな~。でももし運良く受かったら都会に行こう~♪」

とどっちつかずだったんです。

 

それを見事に見抜かれ、どっちつかずな状況を引き寄せていました。

自分がゆらゆらしてれば、ゆらゆらする状況が来るのは当たり前ですよね^^;

自分の気持ちを知ってもなお、環境を変える決意をしきれてなかったんだなぁ。

 

この世界は環境に左右されるかに見えて、実は自分の「決意」が先。

揺るぎない決意をするからこそ、その環境がやってきます。

 

そこで私はついに、腹をくくりました。

宇宙、私は都会で働くことを決めました。

工場のみなさん、ありがとうございました!!

さようなら~!!

決意をするとどこかスッキリ。

また新たな気持ちになれました。

 

さあ、心機一転、やったるぞ~!!

期待を手放せた時にやってきた

emma,たわいない話,就職,就学

やっと決意してスッキリ心機一転したEmma。

なのになのに!!!

 

またもや1次審査止まり。

決意後の応募も面接にすらたどり着けませんでした。

もうえーわ!!!

工場で働くわ!!!

誰にキレているかわかりませんが、とりあえずキレました。

 

そこで工場に応募しようとサイトを見ると、なんと工場が求人募集していない・・・!!

どういうことだー?!

もう知らん!!怒

もうすべてを投げました。笑

 

もう何も考えない。

だって今まで散々考えたもん。

散々自分と向き合ったもん。

もうやれることはやったよ・・・

 

頭が空っぽになったので、空っぽのまま何日も過ごしました。

 

もういいよ、どうにでもなれ。emma,たわいない話,就職,就学

すると数日後、派遣会社の方から電話が。

「ご紹介したい案件があるのですが、いかがですか?」

「はい、ぜひお願いします。(⬅棒読み)」

半ばもうどうでもいいや~くらいの感じでお願いしました。(すみません。笑)

 

すると更に数日後、一次審査通過のお知らせ。

ま、ここまではわりといくんだよね。。

 

そして更に数日後、二次審査通過の連絡が。

「え?通過した?次面接?」

わあ、面接か~。

まあいっか~。(⬅無)

 

そして面接当日。

「あれ?私ボーッとしすぎてなんも用意してない・・・」

とりあえずスーツだけは着ましたが、無のまま電車に乗りハッと我に返りました。

急に緊張@_@;

 

まったくもってアホな私です。笑

 

しかしここまで来たらやるしかない。

まあ、うまくできなくてもいいや。

私らしく行こう。

 

そう決意していざ出陣。

まったく知らない業界ではありましたが、不思議といろいろなつながりがあり、なんとなくご縁を感じました。

 

そして、楽しく笑って面接を終えたその30分後、採用の連絡が・・・!

早っ!!笑

 

そう、行くときはトントンといくんですよね。

今までなんだったんだろ?というくらいに。

 

本当によかった~!

宇宙さん、ありがとうございます!!

 

ちなみに決意してからすぐに結果がやってこなかったのは、タイムラグ。

宇宙が私たちの決意を受け取ってこちらに届けてくれるまでには、タイムラグがあります。

その期間は人によって様々ですが、冷静に考えたら今回はものすごい速さで叶えてくれてました。

なのにキレてごめんなさい、宇宙さん・・・。笑

emma,たわいない話,就職,就学

ここで振り返ってみると、いろいろ気づいてブロックを外したり、過去の自分を癒やしたり、決意できたのもそうなんですが、最後の最後に期待を手放せたというのも大きかったと思います。

 

期待というのは、それを手に入れられてないからしてしまうもの。

自分の感情が、それに見合った現実を引き寄せるので、

期待が大きすぎると、それを「手に入れられてない現状」がやってきてしまうんですよね。

"諦めた時に叶う"と言われたりするのも、そういうことなんでしょうね。

でもさ、頑張ってる時に期待しないとか無理でしょ~!笑

結局、ご縁。

emma,たわいない話,就職,就学

Emmaにとってこのお仕事は、週3で、テレワークで、お客様と話せて、みんないい人で、時給もよくて、ブログとも家事とも両立できて、本当に最高のお仕事です。

こんなにすべての希望を満たしてもらえるお仕事、あるんだなぁ・・・とびっくりしてます。

そりゃ初めての業界ですし、学ぶこともたくさんだから、間違えて怒られて「もうやめてやる~!!」ってなることもありますけどね。笑

 

でも冷静に考えて、すごく恵まれている。

今の自分にベストだと感じます。

 

でもね、ここで一生働くかと言ったらわからない!笑

このお仕事好きになれそうですし、安定と好きなことの両立を求めるなら言うことなしの環境だと思うけど。

それでも、もしここでの学びを終えて次のステージに進めるとしたら、Emmaは間違いなく進みます。

 

それは人によって「ここで一生学ぶぞ!」と選択する人もいれば、

私のように「どんどん環境を変えていこう!」と思う人もいて、選択は自由です。

 

だから結局、学校も職場もご縁です!

・・・とか言ったら元も子もない?笑

 

結局は自分の選択、そして今の自分のステージに合った場所に、自然と行くようになっているんです。

 

もちろん、目標に向かって努力することは大切で、それは魂を輝やかせてくれる。

その途中で失敗したり、うまくいかなかったとしても、それもまた学びです。

しかも自分が生まれる前に決めてきた、自分の人生のカリキュラム。

むしろどこに行くかより、その過程が大事なんですよね、魂にとっては。

 

だから、今回Emmaが何度も何度も落ち続けたのも、

自分の過去の傷や本当の気持ちに気づき、

自分の人生は自分でクリエイトする(決意する)

という学びをするためでした。

そしてそれをクリアした結果、合格して次のステージへ進ませてもらえたというわけです。

ひぃ、辛かったよ~!

 

地球のシステムは、そんな風にできてるみたいです。

 

だからみんな、行き着くべきところに必ず行き着くから大丈夫。

たくさん迷って、たくさん悩みながら、日々やれることをやる。

そして疲れたら休む。

そうしていれば、全部なるようになるよ^^

 

すべての出来事は最終的に幸せにつながっているらしい。

そうやって自分を磨いていくと、幸せに辿り着くらしい。

 

嘘かホントかわからないし、信じる信じないもその人の自由。

でも、そうやって考えると、気持ちが軽くなれるんだよね。

 

気持ちが軽くなれば、パワーが湧いてくる。

スピリチュアルをそんなふうに使ってみてもいいんじゃない?

 

むすび

 

中学生の頃、受験で不安になっていた私に、先生が、

「なるようになるから大丈夫!」

と言ってくれたことがあります。

今でも時々思い出しては、本当にそうだなぁとしみじみ。

素敵な言葉ですね♪

 

今回はスピリチュアルな視点で就学・就職をお話してみました。

でも思ったより私のエピソードがなっっっがくなってしまってすみません。笑

Emmaのこんなお話で、少しでも不安が和らいだり、笑ってもらえたら嬉しいです♡

 

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

emma,たわいない話,就職,就学

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。